読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love-TuneとMasterpiece

少クラ

 

2016年12月7日放送の「ザ・少年倶楽部」でLove-Tuneが披露した関ジャニ∞の『Masterpiece』。

 

 

 

 

 巷で顕嵐がすごいと話題になったのでちょっとしたまとめを。

 

 

 

 

 

 

見た感想、1番まではみんな声一緒だし、音程的に単調になりやすいのはわかるけどそれにしても単調すぎる。私はどちらかというとエイトの音源のほうが好み。

冒頭のダンス揃ってるな、くらいで目立ったパフォもない。

 

 

 

 

 だがしかし、BUT!!!!!   (cv.諸星)

 

大サビで顕嵐が飛び出た時に一瞬心掴まれて、「え?」ってなった。

この子はセンターで輝くタイプの子だなと。

 

 

後奏のダンス、顕嵐がセンターだけど、さすがトラジャ出身。

ダンスが上手いから全体がまとまって見える。

 

 

 

 

まいジャニやラキセで関西jr.(funky8)のマスピも見てて、

彼らはダンスメインだから揃ってるし、カメラに抜かれたら同じ振り付けでも個性を出せるタイプ。

だからfunky8との差が観れたのが面白かった。

 

 

 

 

らぶちゅんの魅力って、バンドもできて(それも全員じゃなくて、一部フリーがいるのが◎)、

みんな一定のスキルがあるからダンスも踊れる、のように団体芸が得意なよう。

 

 

 

 

 

最初の4人見たときは微妙だったけど、

7人になって一気にパワーが増してギラギラ感が凄い。(これは顕嵐センターに限る)

 

 

 

 

 

安井くんセンターが通例だけど、それだとなにも印象に残らない。

顕嵐がらぶちゅん加入して初めての少クラで歌ったFire Beatも、

顕嵐センターで4人がセンター割りではけたときの歓声すごかった。

 

 

 

 

だから是非らぶちゅんには顕嵐センターのまま突っ走ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

少クラ続きでもう一つ。

神宮寺くんのヴェ💢ヴェ💢、あれ結構好き。